Analisis Sosiologis Kehidupan Sosial Tokoh Utama Watanabe Dalam Novel Norwegian Wood Karya Haruki Murakami

Teks penuh

(1)

ABSTRAK

要旨

村上春樹の作品Norwegian

Wood)という小説における渡辺という主人公の社会学的な分析

村上

むらかみ は る き

春樹の作品

さくひん

Norwegian Wood)という 小 説

しょうせつ

での

しゃかいせいかつ

社会生活 は社会学的

しゃかいがくてき

てん

点から観点

かんてん

する

おもしろ

面白いものである。文学

ぶんがく

しゃかいがく

社会学 は社

しゃ

会生活であり、人は社会や自分の気持ちを吟味する。

き ほ ん て き

基本的にこの 研 究

けんきゅう

かくしゃかいがくてき

各社会学的 な分析

ぶんせき

わたなべ

渡辺という主人公

しゅじんこう

しゃかいせいかつ

社会生活 について記述

きじゅつ

する。

き ち

機知に富

んだ

わたなべ

渡辺の若

わか

せいかつ

生活である。

しょうせつ

の登 場 人 物

とうじょうじんぶつ

は社会的相互作用

しゃか いてきそうご さよう

いんしょう

印 象 が距離

き ょ り

ゆう

するかのようである。仲良いか友情の関係があるが、それぞれのプライバシーの上

、まだ限界乱交

げんかいらんこう

がある。登 場 人 物

とうじょうじんぶつ

は消費者社会

しょうひしゃしゃかい

といえる

げんだいしゃかい

現代社会 に分類

ぶんるい

することができる。この

しゃかい

社会に存在

そんざい

した

キーワ

ドはマスメディア

ま す め で ぃ あ

よろこ

喜 び、フリ

ふ り

ーセックスである。

(2)

この小説の社会生活では社会偏差

しゃかいへんさ

のことも

書いてある。それは不適合

ふ て き ご う

の ん こ ん ふ ぉ

ノンコンフォーム

)という。

の ん こ ん ふ ぉ

ノンコンフォーム

ということは逸脱行動

いつだつこうどう

け い ど

軽度に含

ふく

まれる。この

いつだつこうどう

逸脱行動 はかの人

ひと

に接的な効果はないが、加害者だけである。

ノンコンフォームという

行動

こうどう

れい

例は次

つぎ

のようである。ポイ

ぽ い す

しゅっせき

かくにん

確認

して呼

ぶときに、

気にしないこと、大学

だいがく

しつれい

失礼な服

ふく

ること、または学生寮エリアで 大 音 量

だいおんりょう

ほかの

のラジオをつけることである。

逸脱行動

いつだつこうどう

はんしゃかいてき

反社会的 であり、公益

こうえき

しゃかい

社会の 習 慣

しゅうかん

はんたい

反対する行動

こうどう

偏差がある。フリーセックスや酔っぱらいことや大学のデモなどである。小説に書

いてある

で き ご と

出来事では、主人公

しゅじんこう

が 命 綱

いのちづな

うしな

失 ってしまい、自分自身

じ ぶ ん じ し ん

い が い

以外のことか、

たされていない

き ぼ う

希望と欲望

よくぼう

かんけい

関係がありそうである。

Figur

Memperbarui...

Referensi

Memperbarui...