Profil penggunaan antidiabetik pada pasien diabetes nefropati

Top PDF Profil penggunaan antidiabetik pada pasien diabetes nefropati:

3 調査結果 1 平成 30 年度大分県学力定着状況調査 学年 小学校 5 年生 教科 国語 算数 理科 項目 知識 活用 知識 活用 知識 活用 大分県平均正答率 大分県偏差値

3 調査結果 1 平成 30 年度大分県学力定着状況調査 学年 小学校 5 年生 教科 国語 算数 理科 項目 知識 活用 知識 活用 知識 活用 大分県平均正答率 大分県偏差値

実 施 日 平成30年4月24日(火) 平成30年4月17日(火) 調査対象 小学校第5学年及び中学校第2学年 小学校第6学年及び中学校第3学年 調査事項 ○国語(「知識」及び「活用」に関する問題) ○算数・数学( 「知識」及び「活用」に関する問題) ○社会( 「知識」及び「活用」に関する問題)<中のみ> ○理科( 「知識」及び「活用」に関する問題)

Baca lebih lajut

2 結果の概要 (1) 教科に関する調査 ( 平均正答率 : 単位 %) 全体の傾向 国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 数学 A 数学 B 理科 A 理科 B 鎌倉市 小学校 中学校

2 結果の概要 (1) 教科に関する調査 ( 平均正答率 : 単位 %) 全体の傾向 国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 数学 A 数学 B 理科 A 理科 B 鎌倉市 小学校 中学校

◎指導改善に向けて 理科では知識としての理解は良好であるが、観察・実験の結果を整理して考察したり、 分析したりして自分の考えをまとめ・表現するような、科学的な思考・表現に課題があ る。今後は、既習の科学的な言葉や概念などを自分の考えの明確な根拠とし、実験・観 察の器具を想定したり、モデル図に表現して考えたり、説明したり出来るようにする問 題解決型の学習に意識して取り組む必要がある。その際、観察・実験のための器具の正 しい操作を確実に習得させるとともに、操作の意味を理解できるよう一人ひとりが器具 を十分に操作する機会を確保することも重要である。
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

小学校 国語 研究副部長 ( 庶務担当 ) 安尻 太郎 西岡小 小学校 社会 研究副部長 ( 庶務担当 ) 辻 知行 真栄小 小学校 算数 研究副部長 ( 庶務担当 ) 矢澤 研 北九条小 小学校 理科 研究副部長 ( 庶務担当 ) 岡 亨 澄川西小 小学校 生活 研究副部長 ( 庶務担当 ) 川見

小学校 国語 研究副部長 ( 庶務担当 ) 安尻 太郎 西岡小 小学校 社会 研究副部長 ( 庶務担当 ) 辻 知行 真栄小 小学校 算数 研究副部長 ( 庶務担当 ) 矢澤 研 北九条小 小学校 理科 研究副部長 ( 庶務担当 ) 岡 亨 澄川西小 小学校 生活 研究副部長 ( 庶務担当 ) 川見

中学校 理科 研究副部長(デジタル文書担当) 渋谷 啓一 向陵中 中学校 音楽 研究副部長(デジタル文書担当) 小関 高宏 真栄中 中学校 美術 研究副部長(デジタル文書担当) 平井 歩 啓明中 中学校 保健体育 研究副部長(デジタル文書担当) 津村 正彦 幌東中

Baca lebih lajut

国語社会算数理科英語 =============== 採択地区 =============== 国語地理歴史公民数学理科英語光村東書東書東書 * 採択中 * 富士見市光村東書東書東書啓林館東書東書 光村東書東書東書 * 採択中 * 坂戸市光村東書東書東書啓林館東書東書 光村東書東書東書 * 採択中

国語社会算数理科英語 =============== 採択地区 =============== 国語地理歴史公民数学理科英語光村東書東書東書 * 採択中 * 富士見市光村東書東書東書啓林館東書東書 光村東書東書東書 * 採択中 * 坂戸市光村東書東書東書啓林館東書東書 光村東書東書東書 * 採択中

【新座市】 教出 帝国 教出 教出 啓林館 東書 東書 私立 立教新座中学校 【新座市】 三省堂 東書 東書 東書 啓林館 啓林館 教出 私立 西武台新座中学校 【志木市】 教出 帝国 帝国 啓林館 教出 教出 私立 細田学園中学校 【北足立郡伊奈町】 三省堂 東書 東書 東書 東書 東書 学図 私立 国際学院中学校 【川越市】 光村 帝国 帝国 清水 東書 学図 光村[r]

Baca lebih lajut

() 正答率分布 [ 小中教科別 ] 国語 A 知識 ( 問出題 ) 国語 B 活用 (0 問出題 ) % % % % % % 算数 A 知識 (9 問出題 ) 算数 B 活用 ( 問出題 ) % % % % % % % 全体的に国とよく似た分布状況である 国の分布と比較すると すべての

() 正答率分布 [ 小中教科別 ] 国語 A 知識 ( 問出題 ) 国語 B 活用 (0 問出題 ) % % % % % % 算数 A 知識 (9 問出題 ) 算数 B 活用 ( 問出題 ) % % % % % % % 全体的に国とよく似た分布状況である 国の分布と比較すると すべての

算数では、桁数の違う小数の加法の計算をする問題で課題が見られるが、基本的な計算は よく理解できている。また、示された情報から2つの要素の意味を解釈し、ものの位置を 特定する問題は概ねできている。しかし、単位量当たりの大きさなどに着目して2つの数 量の関係の求め方を記述する問題や示された式に数値を当てはめて計算し、計算の結果の 大小を基に判断する問題などに課題が見られる。

Baca lebih lajut

国語 B 柏原 埼玉県 全国 話すこと 聞くこと 書くこと 読むこと 算数 A 柏原 埼玉県 全国 数と計算 量と測定 図形 数量関係 算数 B 柏原 埼玉県 全国

国語 B 柏原 埼玉県 全国 話すこと 聞くこと 書くこと 読むこと 算数 A 柏原 埼玉県 全国 数と計算 量と測定 図形 数量関係 算数 B 柏原 埼玉県 全国

(2)質問紙調査(抜粋) ※「当てはまる」 「当てはまる」 及び 「どちらかといえ 「どちらかといえば、当てはまる」と回答した児童生徒の割合 (%) 番号 質問事項 柏原小 埼玉県 全国 1 自分には、よいところがあると思いますか 76.0 82.1 84.0 2 先生は、あなたの良いところを認めてくれていると思いますか 91.7 89.2 85.3 3 将来の夢や目標を持っていますか 87.5 85.7 85.1 4 学校の決まりを守っていますか 94.8 93.5 89.5 5 いじめは、どんな理由があってもいけないことだと思いますか 100.0 96.6 96.8 6 人の役に立つ人間になりたいと思いますか 96.9 94.8 95.2 7 朝食を毎日食べていますか 96.6 95.4 94.5 8 毎日、同じくらいの時刻に寝ていますか 85.4 80.7 77.0 9 毎日、同じくらいの時刻に起きていますか 92.7 90.7 88.8 10 家で、学校の宿題をしていますか 96.9 98.0 97.1 11 家で、学校の授業の予習・復習をしていますか 69.8 69.8 92.6 12 家の人(兄弟姉妹を除く)と学校の出来事について話をしますか 82.3 84.2 80.5 13 算数の勉強は好きですか 72.9 64.6 64.0 14 算数の授業の内容はよく分かりますか 83.4 83.4 83.4 15 理科の勉強は好きですか 87.5 84.2 83.5 16 理科の授業の内容はよく分かりますか 85.4 89.9 89.4
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

3 小学校 : 教科に関する調査 1 人吉 球磨の平均正答率と比較すると 国語 A 算数 Aともに下回っている 国語 B 算数 Bは人吉 球磨と同等である 2 熊本県の平均正答率と比較すると すべてにおいて下回っている 3 全国の平均正答率と比較すると すべてにおいて下回っている (1) 小学校国語

3 小学校 : 教科に関する調査 1 人吉 球磨の平均正答率と比較すると 国語 A 算数 Aともに下回っている 国語 B 算数 Bは人吉 球磨と同等である 2 熊本県の平均正答率と比較すると すべてにおいて下回っている 3 全国の平均正答率と比較すると すべてにおいて下回っている (1) 小学校国語

全国と比較した場合、国語A・B、算数A・Bともに共通した傾向は、全国平均と比べて、平 均正答数をやや上回る層の割合は高いが、それ以上に、全国平均正答数を下回る層の割合が高い ことが分かる。 また、B問題においては、下位層が全国平均より著しく高い傾向にある。このような児童は、 基礎的語句の知識や計算などに誤答がみられ、授業内容を十分に理解できているとはいえない状 況の児童もいると考えられる。

Baca lebih lajut

平成 27 年度の全国学力 学習状況調査の下野市の結果は 小学校では国語以外の教科で 中学校ではすべての教科で 全国平均正答率を上回る結果となった 小学校の全国学力調査全体結果について 算数 A B および理科ともに 全国平均正答率を上回った しかしながら 国語 A B は全国平均正答率を下回った

平成 27 年度の全国学力 学習状況調査の下野市の結果は 小学校では国語以外の教科で 中学校ではすべての教科で 全国平均正答率を上回る結果となった 小学校の全国学力調査全体結果について 算数 A B および理科ともに 全国平均正答率を上回った しかしながら 国語 A B は全国平均正答率を下回った

国語のA問題は、「書くこと」が全国平均正答率を5ポイント程度上回った。他の 3領域は2~5ポイント上回った。B問題は、3領域とも全国平均正答率を1~3ポ イント近く上回った。 数学のA問題では4領域とも全国平均正答率を3~5ポイント近く上回った。B問 題では、「数と式」「関数」で3~5ポイント近く上回った。「資料の活用」は昨年度 に続き5ポイント程度上回り、特に「図形」は、全国平均正答率を7ポイント程度上 回った。
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

平成 30 年度 全国学力 学習状況調査 宮崎県の調査結果 -- 目次 -- 1 結果の概要 p1 2 小学校国語の結果概要 p3 3 小学校算数の結果概要 p4 4 小学校理科の結果概要 p5 5 中学校国語の結果概要 p6 6 中学校数学の結果概要 p7 7 中学校理科の結果概要 p8 8 小学

平成 30 年度 全国学力 学習状況調査 宮崎県の調査結果 -- 目次 -- 1 結果の概要 p1 2 小学校国語の結果概要 p3 3 小学校算数の結果概要 p4 4 小学校理科の結果概要 p5 5 中学校国語の結果概要 p6 6 中学校数学の結果概要 p7 7 中学校理科の結果概要 p8 8 小学

小学校では、平均正答数の全国との差を見ると、全体的には昨年度とほぼ同じレベルである。 国語Aと理科については全国平均レベルであるが、国語B、算数A・Bの3つの教科区分で全 国平均を下回っている。 中学校では、平均正答数の全国との差を見ると、昨年度よりも全体的に低下している。数学 Aが全国平均レベルであり、国語A・B、数学B、理科の4つの教科区分で全国平均を下回っ ている。

Baca lebih lajut

3 教科に関する調査から見える成果と課題 成果 小学校国語 A B 算数 A B ともに全国平均正答率を超えました 小学校では 平成 19 年の調査実施以来初めて国語 算数のすべての調査 ( 知識 活用 ) で全国平均正答率を超えました 各小学校において 児童が話し合ったり自分の考えを書いたりする等

3 教科に関する調査から見える成果と課題 成果 小学校国語 A B 算数 A B ともに全国平均正答率を超えました 小学校では 平成 19 年の調査実施以来初めて国語 算数のすべての調査 ( 知識 活用 ) で全国平均正答率を超えました 各小学校において 児童が話し合ったり自分の考えを書いたりする等

9 ③授業に関する質問から( 「当てはまる」の%を全国と比較) 成果:算数(数学)・理科の学習意欲 課題:活用力を高める授業の推進 教科に関する調査と同様に質問紙調査からも、知識を活用することを問う質 問項目に課題が見られました。また、小学校と中学校で授業スタイルの違いが 見られることも課題となっています。 学校では… 次の3点について重点的に授[r]

Baca lebih lajut

平成 28 年度埼玉県学力 学習状況調査各学年の結果概要について 1 小学校 4 年生の結果概要 ( 平均正答率 ) 1 教科区分による結果 (%) 調査科目 羽生市 埼玉県 国語 算数 分類 区分別による結果 < 国語 > (%) 分類 区分 羽生市 埼

平成 28 年度埼玉県学力 学習状況調査各学年の結果概要について 1 小学校 4 年生の結果概要 ( 平均正答率 ) 1 教科区分による結果 (%) 調査科目 羽生市 埼玉県 国語 算数 分類 区分別による結果 < 国語 > (%) 分類 区分 羽生市 埼

○羽生市の平均正答率は、県平均を下回る結果でした。 ○「量と測定」は、県平均をやや下回る結果でした。 ○「数と計算」「図形」「数量関係」は、県平均を下回る結果でした。 ○「小数の減法ができる」「分数の性質について理解している」に課題があります。 【小学校5年生 国語

Baca lebih lajut

茗渓塾小学生基礎学力コース ピラミッド &TTC コース ( 小 3~6) わくわくワークルーム ( 小 1 2) 苦手科目をつくらずに 得意科目を増やす! 楽しく 集中した学習を身に付け 中学準備もばっちり! 国語算数理科社会英語 1 教科から選択できる授業で 他の習い事とも無理なく両立できます

茗渓塾小学生基礎学力コース ピラミッド &TTC コース ( 小 3~6) わくわくワークルーム ( 小 1 2) 苦手科目をつくらずに 得意科目を増やす! 楽しく 集中した学習を身に付け 中学準備もばっちり! 国語算数理科社会英語 1 教科から選択できる授業で 他の習い事とも無理なく両立できます

教科指導の内容 (小5・6ピラミッド&TTCコース) 理科 目指すこと ・ 知識の獲得に加え、実験操作をしながら演習を進め『なぜそう なるのか?』を追究し、論理的に考える習慣と力を獲得します。 授業のポイント  短時間で集中して行う導入授業  学習内容に合わせて理科実験を実施  単元ごとに定着確認テストを実施 ※理科と社会は合わせて 60 分 1 単位の[r]

Baca lebih lajut

本研究では A 県のある自治体における2015 年度全国学力 学習状況調査結果の小学校児童個票データを使用する 分析の対象は 公立小学校とし 言語活動に関連する取組と学力の関係について分析を行う 使用するデータは 国語 A 国語 B 算数 A 算数 Bの正答数 児童質問紙回答値 学校質問紙回答値であ

本研究では A 県のある自治体における2015 年度全国学力 学習状況調査結果の小学校児童個票データを使用する 分析の対象は 公立小学校とし 言語活動に関連する取組と学力の関係について分析を行う 使用するデータは 国語 A 国語 B 算数 A 算数 Bの正答数 児童質問紙回答値 学校質問紙回答値であ

ク 感想・説明を書く 原稿用紙2~3枚の感想文や説明文を書くことを難し いと思わないと回答した児童は、学力との関係において、 国語A、国語B、算数Bで統計的に有意な正の関係とな っている。この分析結果で注目すべき点は、国語だけで なく、文章の理解力や論理的思考力が必要とされる算数 Bで学力にプラスの影響が出ていることである。このこ とは、文章を分かりやすく書く力を育成していくことに よって、国語だけでなく、他の教科の学力向上につなが る可能性があることを示唆している。
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

フトを用いて 質問項目間の相関関係に着目し 分析することにした 2 研究目的 全国学力 学習状況調査結果の分析を通して 本県の児童生徒の国語及び算数 数学の学習 に対する関心 意欲の傾向を考察する 3 研究方法平成 25 年度全国学力 学習状況調査の児童生徒質問紙のうち 国語及び算数 数学の学習に対

フトを用いて 質問項目間の相関関係に着目し 分析することにした 2 研究目的 全国学力 学習状況調査結果の分析を通して 本県の児童生徒の国語及び算数 数学の学習 に対する関心 意欲の傾向を考察する 3 研究方法平成 25 年度全国学力 学習状況調査の児童生徒質問紙のうち 国語及び算数 数学の学習に対

また国語では、「目的に応じて資料を読み、自分の考えを話したり、書いたりしている」、 「意見などを発表するとき、うまく伝わるように話の組み立てを工夫している」、「自分の 考えを書くとき、考えの理由が分かるように気を付けて書いている」、「文章を読むとき、 段落や話のまとまりごとに内容を理解しながら読んでいる」の4つの質問項目と「よく分か る」との相関が、小学校、中学校とも相対的に高くなっている。当然のことではあるが、授 業に取り組む姿勢と理解度には関係性があると言える。国語科の「話すこと・聞くこと」、 「書くこと」、「読むこと」の指導に当たっては、めあてやねらいを児童生徒に意識させ、 目的を明確にした学習活動を促すことが、理解度を高める上で有効だと言える。
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

国語社会算数理科英語 =============== 採択地区 =============== 国語地理歴史公民数学理科英語光村日文啓林館大日本 * 採択中 * 久留米市光村帝国日文教出啓林館大日本開隆堂 光村教出日文大日本 * 採択中 * 小郡市三省堂東書日文教出啓林館大日本東書 光村教出日文大日

国語社会算数理科英語 =============== 採択地区 =============== 国語地理歴史公民数学理科英語光村日文啓林館大日本 * 採択中 * 久留米市光村帝国日文教出啓林館大日本開隆堂 光村教出日文大日本 * 採択中 * 小郡市三省堂東書日文教出啓林館大日本東書 光村教出日文大日

【久留米市】 光村 教出 日文 大日本 国立 福岡教育大学附属久留米小学校 *採択中* 【久留米市】 光村 東書 日文 教出 啓林館 大日本 三省堂 国立 福岡教育大学附属久留米中学校 【北九州市小倉北区】 光村 教出 啓林館 大日本 国立 福岡教育大学附属小倉小学校 *採択中* 【北九州市小倉北区】 光村 帝国 日文 教出 啓林館 大日本 東書 国立 福岡教育大学附属[r]

Baca lebih lajut

小学校における県平均正答率との比較 市と県の平均正答率の差を比べると 国語 A B 算数 A B 理科のすべての教科 領域 区分で 5ポイント以上の差のものはなくなった 国語 A 市 :68.2% 県 :70.1% 差 :-1.9ポイント 国語 B 市 :49.6% 県 :53.6% 算数 A 市

小学校における県平均正答率との比較 市と県の平均正答率の差を比べると 国語 A B 算数 A B 理科のすべての教科 領域 区分で 5ポイント以上の差のものはなくなった 国語 A 市 :68.2% 県 :70.1% 差 :-1.9ポイント 国語 B 市 :49.6% 県 :53.6% 算数 A 市

算数の授業で公式やきまりを習うとき、そのわけを理解するようにしていますか」 については、公式やきまりを導く過程を子どもが考えられる授業をさらに行っていく必 要がある。また、「算数の授業で学習したことを普段の生活の中で活用できないか」を 考えるようになるために、日常の事象を数理的に処理することや、日常の事象を数理的 に捉え見通しをもち筋道を立てて考察することをさらに授業に取り入れていかなけれ ばならないと考えられる。
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

平成 30 年度全国学力 学習状況調査の苫小牧市における調査結果 1 調査の概要 1 小学校国語科 2 小学校算数科 3 小学校理科 4 中学校国語科 4 中学校数学科 5 中学校理科 6 平成 30 年度全国学力 学習状況調査児童質問紙 ( 小学 6 年児童 ) 調査の結果と考察 7 自己肯定感

平成 30 年度全国学力 学習状況調査の苫小牧市における調査結果 1 調査の概要 1 小学校国語科 2 小学校算数科 3 小学校理科 4 中学校国語科 4 中学校数学科 5 中学校理科 6 平成 30 年度全国学力 学習状況調査児童質問紙 ( 小学 6 年児童 ) 調査の結果と考察 7 自己肯定感

○平成30年度全国学力・学習状況調査の苫小牧市における調査結果 1 ・調査の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 ・小学校国語科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2 ・小学校算数科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 ・小学校理科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 ・中学校国語科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 ・中学校数学科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5 ・中学校理科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6 ○平成30年度全国学力・学習状況調査児童質問紙(小学6年児童)調査の結果と考察 7 ・自己肯定感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7 ・基本的な生活習慣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8 ・家庭生活(学習習慣・家族)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9 ・社会や地域への関心・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11 ・学習(算数科に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 ・学習(理科に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 ・学習(授業に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20 ・今回の調査問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21 ○平成30年度全国学力・学習状況調査生徒質問紙(中学3年生徒)調査の結果と考察 22 ・自己肯定感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22 ・基本的な生活習慣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23 ・家庭生活(学習習慣・家族)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24 ・社会や地域への関心・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26 ・学習(数学科に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28 ・学習(理科に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31 ・学習(授業に関して)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34 ・今回の調査問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・35
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

茗渓塾 小学生基礎学力 ピラミッド &TTC コース ( 小 3~6) わくわくワークルーム ( 小 1 2) 2019 ガイダンス 国語算数理科社会英語 Teaching Training Coaching 茗渓塾 教室

茗渓塾 小学生基礎学力 ピラミッド &TTC コース ( 小 3~6) わくわくワークルーム ( 小 1 2) 2019 ガイダンス 国語算数理科社会英語 Teaching Training Coaching 茗渓塾 教室

理科と社会は合わせて 60 分 1 単位の講座となります。 ワンコイン理科実験(4・6・11 月開催) 普段の授業時間では実施できないような、バラエティに富んだ実験を行います。実際に参 加者自身が実験操作を行い、科学的現象を目にすることで、理科への興味を喚起し、理解を 深めます。

Baca lebih lajut

3 三浦市小学校の結果 (1) 三浦市立小学校の教科別平均正答率国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 理科 三浦市 ( 公立 ) 61.3% 58.1% 69.0% 37.2% 54.8% 神奈川県 ( 公立 ) 67.9% 64.3% 74.0% 44.8% 60.4% 全国 ( 公立 ) 70

3 三浦市小学校の結果 (1) 三浦市立小学校の教科別平均正答率国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 理科 三浦市 ( 公立 ) 61.3% 58.1% 69.0% 37.2% 54.8% 神奈川県 ( 公立 ) 67.9% 64.3% 74.0% 44.8% 60.4% 全国 ( 公立 ) 70

● 授業で扱うノートには、学習の目標とまとめを書いていた。 (全国比-14.4%) ● 今回の調査問題の解答時間が十分ではなかった。 (国語 A・B、算数 A・B) (4) 調査結果から分かること 教科別平均正答率については、全国(公立)と比べ、依然としてやや低い傾向が見ら れるものの、その差は縮んできています。

Baca lebih lajut

国語

国語

・家庭での自学自習に資するよう,2 年以上の各学年冒頭「国語の学習を進めよう」で学習の仕方を身につける とともに,各単元で学習の視点や手がかりを豊かに提示しました。 ・単元末の「ひろがる」には,学校での学習を家庭学習に生かす示唆を盛り込みました。 ・ 「漢字の練習」 , 「言葉の広場」 , 「〇年生の本だな」 , 「読書の部屋」など,学習の場を日常生活や土曜日の教育 活動に広げることで,学習習慣,読書習慣の形成や学力の向上に役立つ内容を多彩に取り入れました。 ・保護者がともに楽しめる名作物語を多数掲載しています。 …前ページ「 『読むこと』系統別教材一覧」参照
Baca lebih lanjut

Baca lebih lajut

Show all 10000 documents...