Data penelitian yang dilakukan oleh Santoso

Top PDF Data penelitian yang dilakukan oleh Santoso:

2.2.2 外国語特許出願の場合 2.4(2) を参照 2.3 第 184 条の 5 第 1 項に規定された書面 (1) 日本語特許出願 外国語特許出願を問わず 国際特許出願の出願人は 国内書面提出期間 ( 注 ) 内に 出願人 発明者 国際出願番号等の事項を記載した書面 ( 以下この部において 国

2.2.2 外国語特許出願の場合 2.4(2) を参照 2.3 第 184 条の 5 第 1 項に規定された書面 (1) 日本語特許出願 外国語特許出願を問わず 国際特許出願の出願人は 国内書面提出期間 ( 注 ) 内に 出願人 発明者 国際出願番号等の事項を記載した書面 ( 以下この部において 国

条第 2 項規定により願書に添付して提出された特許請求範囲とみなされる (2.5.2 参照)。よって、その翻訳文が翻訳文新規事項判断基準となる特許請 求範囲となる。 34 条補正補正書翻訳文が提出された場合は、その補正書翻訳文により、 明細書等について補正がされたとみなされ、その補正は、誤訳訂正書を提出し てされたものとみなされる(2.6.2 参照)。よって、その補正には、翻訳文新規事 項規定は、適用されない。また、その補正がされた明細書等が翻訳文新規事 項判断基準となる明細書等となる。
Show more

Read more

5章 及び FI フリーワード等の検索キー 出願人 上記目標を実現するために 最適化計画に 発明者 発明の名称 さらには フルテキス おいては システムを一括して刷新する方式 トにより検索できる特実検索システムが稼働 に替えて 段階的に刷新する方式 を採用 している することとしている これにより

5章 及び FI フリーワード等の検索キー 出願人 上記目標を実現するために 最適化計画に 発明者 発明の名称 さらには フルテキス おいては システムを一括して刷新する方式 トにより検索できる特実検索システムが稼働 に替えて 段階的に刷新する方式 を採用 している することとしている これにより

特許庁は 1990 年 12 月に特許・ 実用新案 関連手続ため電子出願システムを導入 し、それ以降、電子出願対象拡大、新しい 通信技術導入等、様々な取組を行ってきた。 特許庁では、これまで取 組が実を結び、 2016 年において特許・ 実用新案は 98.4%、 意匠は 93.1%、商標は 85.0%、査定系審判は 99.3%、PCT 国内段階は 99.9%、PCT 国際出 願は 99.0%高い電子出願率を実現するとと もに、インターネットを利用した電子出願 受付を開始した 2005 年 10 月以来、24 時間 365 日(メンテナンス時間及びバックアップセ ンターへ切替時間を除く。 )電子出願受付 を継続している。2015 年 3 月以降は、受付シ ステム二重化により、定期メンテナンス時 間帯においてもオンライン出願が可能となっ ている。
Show more

Read more

2(5)-29 (11) 登録 番号 ( 1) ( 2) (51) 国際分類 (Int.Cl. ) 平成 25 年 8 月 14 日発行の特許目次 (21) 出願 番号 (54) 発明の名称都府県国籍等 (73) 特許権者氏名 ( 名称 ) ( 識別番号 ) B60B

2(5)-29 (11) 登録 番号 ( 1) ( 2) (51) 国際分類 (Int.Cl. ) 平成 25 年 8 月 14 日発行の特許目次 (21) 出願 番号 (54) 発明の名称都府県国籍等 (73) 特許権者氏名 ( 名称 ) ( 識別番号 ) B60B

【請求項6】 前記小径段部円筒部外周面に0.5~1.0mm 深さで、両側に所定曲率半径Ri、Roからなる円 弧 面を有する環状溝が形成され、これら円弧面うちイ 30 ンナー側円弧面曲率半径Riがアウター側円弧面 曲率半径Roよりも小さく、Ri≦Roに設定される と共に、当該環状溝が、前記内輪における内側転走面 大径端に対応する位置よりもインナー側から面取り部に かかり、大端面から所定寸法だけ越えた範囲に形成さ れている請求項1乃至5いずれかに記載車輪用軸受装 置加工方法。
Show more

Read more

2 本日の内容 PATENTSCOPE( 特許 ) 特許文献の検索方法 検索結果の見方 翻訳支援機能 PCT 出願 ( 公開週別 ) の閲覧方法など Global Brand Database( 商標 ) Global Design Database( 意匠 ) WIPOその他のデータベース ( ご

2 本日の内容 PATENTSCOPE( 特許 ) 特許文献の検索方法 検索結果の見方 翻訳支援機能 PCT 出願 ( 公開週別 ) の閲覧方法など Global Brand Database( 商標 ) Global Design Database( 意匠 ) WIPOその他のデータベース ( ご

検索フィールドに単語を入力して検索できます  単語を入力すると、データベースから自動予測変 換候補を表示します  or, and, not, 類似、あいまい演算子が使えます ⇒演算子種類については次頁で説明します  検索をクリックすると「設定中検索内容」欄に

Read more

TR), OAPI (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, 発明者である旨の申立て規 4.17(iv)) ML, MR, NE, SN, TD, TG). 規 4.17 に規定する申立て 添付公開書類 出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する 国際調査

TR), OAPI (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, 発明者である旨の申立て規 4.17(iv)) ML, MR, NE, SN, TD, TG). 規 4.17 に規定する申立て 添付公開書類 出願し及び特許を与えられる出願人の資格に関する 国際調査

本発 明冷 却 装 置に よれ ば 、 キ ヤ ピ ラ リ ー チ ュ ー ブか ら 成 る 膨 張 手 段 全 て 領域 か ら、 冷 媒 に 含 ま れる 熱 ェ ネ ル ギ ー を外 部 に 放 出 さ せ て い る 。 従 っ て、 膨 張 手 段 内 部 で 冷媒 エ ン タ ル ピ ー が 減 少 する 分 、 冷 却 装 置 冷却能 力 を向 上 さ せ る こ と が で き る。 更 に、 キ ヤ ピ ラ リ ーチ ュ ー ブ を 電子 機器 萱 体 や 送 風 手 段 に 接触 さ せ る と 、 こ れ ら
Show more

Read more

環境によって発光波長が変化する環境対応型蛍光色素 特許情報 1 発明の名称ケイ光ソルバトクロミック色素及びその使用法 2 出願 出願番号特願 出願日 出願人国立大学法人北海道大学審査請求有無 3 公開 登録情報公開番号特開 登録番号

環境によって発光波長が変化する環境対応型蛍光色素 特許情報 1 発明の名称ケイ光ソルバトクロミック色素及びその使用法 2 出願 出願番号特願 出願日 出願人国立大学法人北海道大学審査請求有無 3 公開 登録情報公開番号特開 登録番号

(2) 一段階で容易に 認識部位・ラベル化部位 をRに導入することができる。 (3) アニオン(X - )を交換することで、 溶解性調整 ができる。 (4) 生体膜中で配向が揃い 、表面電荷情報を敏感に検出できると考えられる。 (5) 水溶性向上 が容易。

Read more

2017/6/14 目次 0. 発明者はなぜ自分で調査してくれないのか? 1. 調査の目的 と 検索戦略 2. 漏れ vs. ノイズ ( 適合率 vs. 再現率 ) 3. 検索式の作り方 4. 特許分類について 5. 検索の進め方 6. 検索の進め方 実例 7. おわりに 発明 の捉え方 進歩性の考

2017/6/14 目次 0. 発明者はなぜ自分で調査してくれないのか? 1. 調査の目的 と 検索戦略 2. 漏れ vs. ノイズ ( 適合率 vs. 再現率 ) 3. 検索式の作り方 4. 特許分類について 5. 検索の進め方 6. 検索の進め方 実例 7. おわりに 発明 の捉え方 進歩性の考

文献1「装置Aは部品Bを備える」 文献2「装置Aにおいて、課題Pを解決 するために部品Cを備える」 という技術が知られている 文献1装置Aにおける課題P解決 ために、文献2を参照して部品Cを追 加するは容易

Read more

第 2 前提となる事実 1 特許庁における手続の経緯被告は, 発明の名称を サーバ, 利用者装置, プログラム, 及び, 指標処理方法 とする特許第 号 ( 以下 本件特許 という ) の特許権者である 本件特許は, 平成 13 年 9 月 18 日に出願した特願

第 2 前提となる事実 1 特許庁における手続の経緯被告は, 発明の名称を サーバ, 利用者装置, プログラム, 及び, 指標処理方法 とする特許第 号 ( 以下 本件特許 という ) の特許権者である 本件特許は, 平成 13 年 9 月 18 日に出願した特願

【0003】, 【0079】記載,本件発明特有課題,出願周知・慣用技 術, 当業者技術常識については, 取消事由2について述べたところと同様である。 (4) 補正事項7に係る新規事項判断誤り(取消事由4) ア 本件補正により追加された「前記利用装置によって表示される番組表上 番組に対応づけられて表示されるため前記視聴指標と前記録画予約指標とであっ て,現在放送中番組に対応する前記視聴指標と前記録画予約指標とを送信する指 標送信手段」 (補正事項7)は,請求項1文言から,又は請求項1従属項である 請求項2において請求項1における「指標送信手段」に加えて「番組表データ送信 手段をさらに備える」態様が請求項1従属態様として規定されていることから, 番組表とは別体視聴指標と録画予約指標とをそれ自体として送信する手段をも含 むものであることが明らかであり,この点において,新規事項追加に当たる。
Show more

Read more

RIETI - 研究者の多様性が特許出願行動に与える影響の定量分析

RIETI - 研究者の多様性が特許出願行動に与える影響の定量分析

枝村一磨(科学技術・学術政策研究所) 乾友彦(学習院大学) 要 旨 本稿では、研究多様性が特許出願行動に影響を与えるか否かを、科学技術研究調査、民 間企業研究活動に関する調査、IIP パテントデータベースを用いて、定量的に分析する。 研究多様性として性差や博士課程取得状況、研究研究分野、年齢構成に注目し、そ れらが特許出願件数や国際特許分類情報を用いて出願された特許技術分野を考慮した 特許多様性に与える影響を、計量経済学手法を用いて分析する。特許出願件数が正整数 であることを考慮したポアソンモデルや、特許多様性に関する最小自乗法による推定結果、 研究に占める女性や博士号取得研究人数および割合が高まると、特許出願行動が活発 になることが確認された。ただし、女性や博士号取得研究人数や割合は、特許出願行動 と逆 U 字関係にあることも確認された。また、研究分野に偏りなく研究を雇用し、研 究年齢構成に偏りがないようにすると、特許出願行動が活発になることが示唆された。 女性研究や博士号取得研究を積極的に雇用し、研究研究分野や年齢構成に偏りがな い企業は特許出願行動が活発であるという本稿推計結果は、研究多様性が研究開発活 動を活発化させる可能性があることを示唆している。
Show more

Read more

RIETI - スピルオーバー・プールと企業の特許出願行動

RIETI - スピルオーバー・プールと企業の特許出願行動

3 企業レベルで詳細なパネルデータを用いた実証分析は行われていない。本研究は、企業 が大学や公的研究機関から享受できるスピルオーバーを明示的かつ定量的に把握し、特 許出願行動と関係を企業レベルで実証分析する、世界的にも類を見ない試みである。 企業が享受する大学、公的研究機関スピルオーバー・プールを算出するため、本研 究では科調個票データを用いる。科調では、企業、大学、公的研究機関について研究 分野別研究数や、内部使用研究費を調査している。研究分野別研究数を用いて 企業と大学、公的研究機関技術的な近接性を測定し、内部使用研究費を加重集計する ことで、スピルオーバー・プールを算出する。また、IIP パテントデータベースを用い て特許出願件数を企業レベル、出願年レベルで集計する。企業レベル、年レベルで整理 した科調個票データと IIP パテントデータベースをマッチングし、企業が享受する外 部組織からスピルオーバー・プールが特許出願行動に与える影響を、研究インプット や企業規模、企業が属する産業属性、トレンドを考慮して統計的に抽出する。 特許出願件数が非負整数値であること、分析に用いるデータがパネルデータである ことを考慮し、パネル・ポアソンモデルによる推計を行った結果、企業が外部組織から 享受できるスピルオーバー・プール増加は、当該企業特許出願件数を増加させてい ることが示唆された。他企業、大学、公的研究機関についてスピルオーバー・プール を分割して同様分析を行っても、各機関によるスピルオーバー・プール増加が企業 特許出願件数を増加させるという傾向に変わりはない。また、内部使用研究費を基礎 研究、応用研究、開発研究と分野別に分割した上で算出したスピルオーバー・プールに ついても、特許出願件数に与えるインパクトはプラスであり、傾向に差は見られなかっ た。
Show more

Read more

目次 1. 現行法令について 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 加盟国について 4. 現地代理人の必要性有無 5. 出願言語 6. 特許出願時の必要書類 7. 料金表 8. 料金減免制度について 9. 実体審査の有無 10. 出願公開制度の有無 11. 審査請求制度の有無 12. 出願から登録

目次 1. 現行法令について 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 加盟国について 4. 現地代理人の必要性有無 5. 出願言語 6. 特許出願時の必要書類 7. 料金表 8. 料金減免制度について 9. 実体審査の有無 10. 出願公開制度の有無 11. 審査請求制度の有無 12. 出願から登録

① 最 先 出 願 に 関 す る 審 査 部 か ら 最 初 通 知 ( First Examination Report) 発 行 日 か ら 2 4 ヶ 月 以 内 、 又 は ② 先 出 願 が 発 明 単 一 性 要 件 を 満 た し て い な い 旨 、 審 査 部 か ら 最 初 通 知 ( First Examination Report) 発 行 日 か ら 2 4 ヶ 月 以 内 。 な お 、First Examination Report が 発 行 さ れ る こ と な く 、特 許 査 定( Rule 71(3))が 発 行 さ れ た 場 合 は 、特 許 が 発 行 さ れ る 前 日( 係 属 中 )と な り ま す 。
Show more

Read more

平成 30 年度知的財産権制度説明会 ( 実務者向け ) 特許協力条約 (PCT) に基づく 国際出願の手続 審査業務部出願課国際出願室

平成 30 年度知的財産権制度説明会 ( 実務者向け ) 特許協力条約 (PCT) に基づく 国際出願の手続 審査業務部出願課国際出願室

【事件と関係】 すべて指定国における出願 【氏名又は名称(日本語)】 株式会社東京製作所 【氏名又は名称(英語)】 TOKYO SEISAKUSHO CORPORATION 【あて名(日本語)】 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号 【あて名(英語)】 4-3,Kasumigaseki 3-chome,Chiyoda-ku, Tokyo 【郵便番号】 1000013

Read more

米国特許商標庁(USPTO)による特許出願時における

米国特許商標庁(USPTO)による特許出願時における

なクレームチャートは、第三が法的主張を することなく、審査官による拒絶原因とな り得ます。また、第三者による提出は、係属 中クレーム内容に限定されたものではな く、特許性に関連があるどのような内容につ いても説明することができます。従って、第 三による提出を行うが、出願補正に よりクレームが明細書特定内容を網羅す るかもしれないと判断した場合、提出された 書類どこにその内容が開示されているかを 指摘することができます。例えば、クレーム に記載されていない実施例について説明する ことができます。同様に、適切な書類が、第 三による提出を行う主張を裏付けして いる場合、実施可能性、書面記述、有用性、 もしくは不明瞭性について問題点について 説明することができます。
Show more

Read more

Ⅰ 特許を出願する前に 1. 事前調査 特許出願をしようとする方は 事前に公開特許公報 特許公報 実用新案公報などを 調査してください それは次の理由からです (1) 公知の有無の調査資料として特許を受けることができるのは世の中にまだ知られていない 新規な発明に限られます 一方 上記の公報等に掲載さ

Ⅰ 特許を出願する前に 1. 事前調査 特許出願をしようとする方は 事前に公開特許公報 特許公報 実用新案公報などを 調査してください それは次の理由からです (1) 公知の有無の調査資料として特許を受けることができるのは世の中にまだ知られていない 新規な発明に限られます 一方 上記の公報等に掲載さ

 公報は、独立行政法人 工業所有権 情報・研修館(INPIT)公報閲覧室 でご覧になれます。  また、INPITホームページ内 特許情 報プラットフォーム(J-PlatPat) におい て、公報掲載情報検索サービスを無料 で提供していますのでご利用ください。  接続するには、特許庁ホームページから 「特許情報プラットフォーム」をクリック また は https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

Read more

した審決を取り消す 第 2 事案の概要 1 特許庁における手続の経緯等 ( 争いがない ) 被告は, 平成 23 年 7 月 25 日, 発明の名称を 棚装置 とする特許出願 ( 特願 号 出願日を平成 18 年 4 月 27 日とする特許出願 ( 特願

した審決を取り消す 第 2 事案の概要 1 特許庁における手続の経緯等 ( 争いがない ) 被告は, 平成 23 年 7 月 25 日, 発明の名称を 棚装置 とする特許出願 ( 特願 号 出願日を平成 18 年 4 月 27 日とする特許出願 ( 特願

したがって,甲5文献及び甲6文献記載曲げ加工及び甲15文献, 甲19文献, 甲20文献記載曲げ加工は,棚板外壁ものでも棚板外壁へ適用を示唆された ものではない旨審決判断は,合理性を著しく欠く。 また,甲13発明においては,棚板周縁(外壁)を折り曲げ加工し,二重構造 とすることでアングル部材(支柱)を強固に固定する方法が明確に開示されている が,この構造ままであると,周縁18が十分にアングル部材(支柱)を支えきれ ず,棚全体強度が弱いばかりか,また,この周縁部先端部(エッジ)に棚利用 指先が触れた場合には,指が傷つくおそれが生じる。そこで,当業者において は,周縁18がアングル部材(支柱)より安定的に固定することで棚板全体を強 固にし,また,指先が周内壁内面に触れてもエッジで傷がつかない曲げ加 工を選択したいと動機が生じる。そして,当業者がこのような動機を有する場合 には,外壁と内壁間に傾斜部となる自由端部を有するような曲げ加工,例えば, ヘミング潰し構造など曲げ加工(甲5,6,15,19,20)を適宜適用する ことは,自明である。
Show more

Read more

明細書 発明の名称 : 2 種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物 技術分野 000 本発明は 種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物に関する さらに詳しくは 水素結合架橋性基と共有結合架橋性基の種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物に関する 背景技術 000 木出願人の出願に係る発明を記載した特許

明細書 発明の名称 : 2 種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物 技術分野 000 本発明は 種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物に関する さらに詳しくは 水素結合架橋性基と共有結合架橋性基の種以上の架橋性基を形成し得るゴム組成物に関する 背景技術 000 木出願人の出願に係る発明を記載した特許

(21) 国 際 出願 番 号 PCT/JP20 10/0532 16 BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, C , CR, CU, CZ, DE, DK, DM, D , DZ, EC, EE, EG, ES, FI, (22) 国 際 出願 日 2010 年 3 月 1 日 (01 .03.2010) GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, (25) 国 際 出願 言語 日 木 語 KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS,

Read more

RIETI - 特許出願公開のオープンイノベーション効果:インクジェット特許の分析

RIETI - 特許出願公開のオープンイノベーション効果:インクジェット特許の分析

要 旨 企業が特許出願を行う目的は、発明権利化だけではない。競合他社による技術 権利化阻止を目的とする防衛出願も、特許出願には多く含まれる。特許査定率を 下げる一因とも見られる防衛出願ではあるが、日本国内すべて特許出願出願 後 18 カ月後に公開されるため、たとえ競合企業等特許取得を阻むため出願で あっても、直接的な競争関係ない第三にとっては有益な技術情報となりうる。 そして、このような外部効果は、オープンイノベーション進展とともに異分野技 術に波及している可能性がある。本論文は、「インクジェット記録方法およびその 記録媒体」特許出願データをもとに、インクジェット技術特許出願が、審査請求さ れなかった出願も含め、異分野技術特許出願に多く引用されていることを明らか にする。さらに本論文は、企業出願行動に影響しうる 2 つ政策変更、進歩性基 準低下と審査請求期間短縮効果を調べた。前者には出願全体増加効果、後者 には審査未請求出願および自己引用出願減少効果が見られ、後者が前者を上回っ たことが示された。
Show more

Read more

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆

ただし、インドを自己指定する場合、国内出願と、PCT 国内段階出願(インドを自己 指定した出願いずれか一つしか、審査請求できない点に留意すべきである(第 135 条(3)但し書き) 。審査請求されなかった出願は取り下げ擬制されることになる(第 11B 条(4)) 。日本国内優先権主張と異なる点は、審査対象及び取り下げ対象を出願が選 択することができる点にある。インド国内出願に基づいて、改良発明国際出願を行 う予定があるような場合、国内出願から 1 年が経過するまで審査請求を行うべきでは無 い。国内出願審査請求を行った後に、改良発明を国際出願し、インドを自己指定した としても、インド PCT 国内段階出願によって改良発明特許を取得することはできい。 この場合、別途、インドへ改良発明特許出願を行う必要がある。
Show more

Read more

第6回 特許出願(3) ☆インド特許法の基礎☆

第6回 特許出願(3) ☆インド特許法の基礎☆

しかしながら、インド特許法には、孫出願を禁止する明示規定は存在せず、子出願 が包含する発明内容によっては孫出願が許されるケースもあり得ると考える現地代 理もいる。文言上、第16条は、孫出願分割を規定していないが、子出願が親出願 出願日にされたものであって、親出願とは別個独立した通常特許出願であると解 釈し(第16条(3)) 、孫出願についても第16条を適用することができるとも考えられる。 例えば、子出願も複数発明(複数発明概念)を包含する瑕疵を有しているような 場合であって、単一性要件違反瑕疵を治癒し、一出願に含まれる複数発明を保護す るという趣旨に合致しているようなケースであれば、孫出願が認められる可能性がある と考える。ただし、自発的に行った孫出願が適法と認められる可能性は低いため、実務 上は、面接審査段階で、単一性違反に基づく分割出願要求を審査報告してもらえる よう要求することになる。
Show more

Read more

業務 システム最適化と最新検索技術環境技術が創る未来 現在では 特許管理システム (ATMS/PM2000) 特許検索サービス (ATMS/IR.net) 特許出願支援ソフト (ATMS/PPW) に 特許分析システム (ATMS/ Analyzer) を加え 知財に必要な業務パッケージを ATMS

業務 システム最適化と最新検索技術環境技術が創る未来 現在では 特許管理システム (ATMS/PM2000) 特許検索サービス (ATMS/IR.net) 特許出願支援ソフト (ATMS/PPW) に 特許分析システム (ATMS/ Analyzer) を加え 知財に必要な業務パッケージを ATMS

 文書分類には、あらかじめ設定されたカテゴリに文 書を分類する技術(クラシフィケーション)と、ボト ムアップにグループ化を行ってカテゴリを自動生成し ながら分類する技術(クラスタリング)がある。前者 分類技術に関しては、従来は人手で分類規則を書く アプローチが主流であったが、最近では機械学習を用 いたアプローチ、すなわち分類済み教師例を用意す ることにより、分類規則をシステムが学習する方式が 主流となってきている。後者分類技術は、あらかじ め分類体系や分類規則を決める必要がないため、発見 的・探索的な分類が可能となっている。これら文書 分類をテキストマイニング前処理として適用するこ とにより、各文書に付与されたカテゴリ情報を集計・ 分析単位とすることが可能である 8) 。
Show more

Read more

Show all 10000 documents...