Mahasiswa Semester I yang Berasal dari Yogyakarta

Top PDF Mahasiswa Semester I yang Berasal dari Yogyakarta:

「肥満に伴う脂肪組織の線維化を招く鍵分子を発見」【菅波孝祥 特任教授】

「肥満に伴う脂肪組織の線維化を招く鍵分子を発見」【菅波孝祥 特任教授】

注5)アディポサイトカイン 脂肪組織から産生・分泌される生理活性物質総称。脂肪組織は、生体内で最大内分 泌臓器として、全身恒常性維持に働く。過栄養により脂肪量が増加すると、炎症性/ インスリン抵抗性アディポサイトカイン産生が増加する一方、炎症抑制性/インスリン 感受性アディポサイトカイン産生は減少する。このようなアディポサイトカイン産生 異常や作用障害がメタボリックシンドローム病態形成に中心的な役割果たすことが知 られている。
Show more

Read more

ShikenPASS あなたは認証を取得するのを助ける人気認定試験向け関連勉強資料の提供者 ShikenPASS

ShikenPASS あなたは認証を取得するのを助ける人気認定試験向け関連勉強資料の提供者 ShikenPASS

現在月データとともに開始点投影ファイルが受信されます。 データ・フォーム、ビジネス・ルール、およびEssbaseデータロード・ルールが含まれ、 レポートは常に現在見積り月に焦点合わせる必要があります。 毎月メンテナンス減らすためにコンポーネント設計する最も効率的な方法は何ですか? A.

Read more

グリーンパパイヤ最大の特長は 植物には大変珍しく三大栄養素を分解する酵素をすべて含 んでいるということです タンパク質分解酵素 ( プロテアーゼ ) 血管内で血小板が固まるのを抑制し 血栓ができるのを防ぐ 脂肪分解酵素 ( リパーゼ ) 血管内中性脂肪やコレステロールを分解する 糖質分解酵素 ( ア

グリーンパパイヤ最大の特長は 植物には大変珍しく三大栄養素を分解する酵素をすべて含 んでいるということです タンパク質分解酵素 ( プロテアーゼ ) 血管内で血小板が固まるのを抑制し 血栓ができるのを防ぐ 脂肪分解酵素 ( リパーゼ ) 血管内中性脂肪やコレステロールを分解する 糖質分解酵素 ( ア

そのペンジルグルコシノレートが、グリーンパパイヤ葉や茎にも含まれています。 ~ペンジルグルコシノレートは成長ホルモン分泌促進~ 成長ホルモンは、成長期子供に分泌されて発育促すホルモンとして知られていますが、 実は大人になってからも分泌されています。しかし加齢とともに低下していき、その分泌が基 準値下回ると、老化現象が現れやすくなるです。成長ホルモン欠乏症では、筋肉量低下、 脂肪増加、脂質代謝悪化、免疫力低下、毛髪減少、運動能力低下、記憶力低下 などが見られます。
Show more

Read more

小児の除脂肪量指数と体脂肪量指数に関する研究 [ PDF

小児の除脂肪量指数と体脂肪量指数に関する研究 [ PDF

近年,先進諸国ばかりではなく多く国々では,科学技術 急速な進歩や社会経済高度発展によって,人々取り まく環境利便性が高まり益々省力化傾向強めている. 一方,これら傾向誘因とした肥満に関連する糖代謝異 常や脂質代謝異常などが多発し,大きな健康問題ともなっ ている.2000年世界肥満人口は,慢性的な空腹や栄養障 害などに苦しむ飢餓人口に匹敵する11 億人に達したと言わ れている.わが国では,ここ 20 年間における成人肥満者 出現推移が,男性ではやや上昇傾向にあるものの,女性で は横ばいあるいは低下傾向示している.近年,生活習慣 病低年齢化に関連する小児肥満研究は,医療面ば かりでなく,健康科学から遺伝子レベル研究まで幅広く行 われている.一方,社会環境多様化,ストレスフルな環境 は,小児痩せという健康問題も引き起こしている. 日本人小児における平均身長や平均体重などからみたボ ディサイズは年々大きくなる傾向にある.しかし,小児とり
Show more

Read more

超音波エコー輝度を用いた骨格筋内脂肪の評価

超音波エコー輝度を用いた骨格筋内脂肪の評価

四肢・幹筋における筋厚と筋内脂肪加齢変化  加齢に伴う筋萎縮や筋内脂肪増加について調べた研究では, おもに上肢筋・下肢筋に関する報告が多いが 6)7) ,幹筋も含 めて検討した報告は見あたらない。そこで,若年女性 28 名(若 年群)および地域在住中高齢女性 106 名(中年群 25 名,前 期高齢群 54 名,後期高齢群 27 名)対象として,上腕二頭筋, 大腿四頭筋,腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋,腹横筋筋厚と筋 輝度計測し,年代間で比較行った。結果,測定したすべて 筋で,加齢による有意な筋厚減少と筋輝度上昇が認められ た。上腕二頭筋,大腿四頭筋と腹横筋では,筋厚は若年群と中 年群と間では有意差がなかったが,筋輝度は若年群と比べ中 年群で有意に上昇していた。一方,腹直筋,外腹斜筋および内 腹斜筋では,若年群と比べ中年群で,有意な筋厚減少と筋輝度 上昇双方が生じていた。本研究結果から,加齢に伴う筋内 脂肪増加は,筋萎縮よりも早期に生じる可能性が示唆された。 また,腹直筋,外腹斜筋や内腹斜筋といった幹表層筋は,深 層筋(腹横筋)や上下肢筋と比べ,加齢に伴う筋萎縮が早期に 生じることが示唆された。
Show more

Read more

高齢者の筋肉内への脂肪蓄積はサルコペニアと運動機能低下に関係する ポイント 高齢者の筋肉内に霜降り状に蓄積する脂肪 ( 筋内脂肪 ) を超音波画像を使って計測し, 高齢者の運動機能や体組成などの因子と関係するのかについて検討しました 高齢男性の筋内脂肪は,1) 筋肉の量,2) 脚の筋力指標となる椅子

高齢者の筋肉内への脂肪蓄積はサルコペニアと運動機能低下に関係する ポイント 高齢者の筋肉内に霜降り状に蓄積する脂肪 ( 筋内脂肪 ) を超音波画像を使って計測し, 高齢者の運動機能や体組成などの因子と関係するのかについて検討しました 高齢男性の筋内脂肪は,1) 筋肉の量,2) 脚の筋力指標となる椅子

伴ってサルコペニア(筋量減少)が生じることは良く知られていますが,それと 同時に筋肉中に脂肪が蓄積し,量的な変化だけでなく筋肉“質的な変化”も生 じていることが明らかとなりました。また,男性では加齢に伴う筋肉質的変化 影響が大きいことが示されました。さらに,この筋肉中に蓄積した脂肪は,高齢 男性と女性ともに運動機能にも影響することが示唆されました。したがって,高齢 者においては定期的な運動が,加齢に伴って生じる筋肉量と運動機能低下軽減し, 同時に筋内脂肪蓄積抑制も促すことが予想できます。以上研究成果は,高齢者 筋肉量的指標だけでなく,質的な指標についても十分に考慮する必要があるこ と意味しており,高齢者健康増進やそれ目的とした効果的な運動処方確立 に役立つことが期待されます。
Show more

Read more

因子が 脂肪細胞分化に伴ってその発現が増加することを見出し その発現増加が脂肪細胞分化に伴うアディポネクチンの発現誘導にも少なくとも部分的に重要な役割を担っていることを見出した (2) 脂肪細胞肥大のメカニズム解明 : CBP ヘテロ欠損マウスと PPARγヘテロ欠損マウスを用いた網羅的な遺伝子発現

因子が 脂肪細胞分化に伴ってその発現が増加することを見出し その発現増加が脂肪細胞分化に伴うアディポネクチンの発現誘導にも少なくとも部分的に重要な役割を担っていることを見出した (2) 脂肪細胞肥大のメカニズム解明 : CBP ヘテロ欠損マウスと PPARγヘテロ欠損マウスを用いた網羅的な遺伝子発現

図3. RNAiによるKLF9発現抑制はアディポネクチン転写レベル著明に低下させた -分化誘導後10日目3T3L1脂肪細胞- (3) 脂肪細胞形質転換が生活習慣病起こすメカニズム解明 (1)個体レベルでアディポネクチン受容機能解析:2003 年度に単離・同定したアディポ ネクチン受容 AdipoR1 あるいは AdipoR2( Nature 423:762-9, 2003)アデノウイルス用い て過剰発現あるいはノックダウンしたマウス,あるいは AdipoR1 や AdipoR2 ノックアウトマウス 用いて, AdipoR1 や AdipoR2 が、in vivo においてアディポネクチン受容として機能し、そ れぞれ AMP キナーゼ、及び PPARα情報伝達経路とより強くリンクしていること明らかに した。また、種々肥満伴うあるいは伴わないインスリン抵抗性モデル動物、糖尿病モデ ル動物、さらには脂肪萎縮性糖尿病モデルである A-ZIP マウス用いることにより、糖尿 病・インスリン抵抗性改善作用における AdipoR1・AdipoR2 役割明らかにした。
Show more

Read more

内臓脂肪とは? 名前の通り 内臓の周りについている脂肪を指します 原因は 摂取したエネルギーが消費しきれていない こと 沢山蓄積すると 健康状態に大きな影響を与え 様々な疾病を発症させる等 健康を脅かします ~ 内臓脂肪の特徴と皮下脂肪との違い ~ 内臓脂肪つく場所 : 内臓の周り特徴 : お腹周り

内臓脂肪とは? 名前の通り 内臓の周りについている脂肪を指します 原因は 摂取したエネルギーが消費しきれていない こと 沢山蓄積すると 健康状態に大きな影響を与え 様々な疾病を発症させる等 健康を脅かします ~ 内臓脂肪の特徴と皮下脂肪との違い ~ 内臓脂肪つく場所 : 内臓の周り特徴 : お腹周り

・深呼吸 しんこきゅう する (下腹にしっかり空気入れる事がポイント) 。 細胞に酸素たくさん送ってください。 ・お腹に、力入れたり 緩めたりしてみる (これだけでも腹筋は鍛えられます!座っている時は 実行するチャンスですよ!) ・両手上にあげ、大きく伸びする。 ( 作業が切り替わるごとに やってみて♪ (車から降りた時、トイレ後、ご飯前・・・など) ) ・肩こりが解消するくらい、肩回す。 ( 肩甲骨周辺には、熱発生細胞がいっぱい。回すだけで、身体が燃えます。 )
Show more

Read more

成功した場合 ウォーキングダイエットの理論や自分の体質 体力についての正しい理解が生まれ 体を使った実験でも目に見えた効果が現れる 数値 ( 体脂肪率 体重 ウエストのサイズ等 ) からも実験が成功したことがうかがえ 肥満に近い体から 標準的な健康的な体へ生まれ変わることができる 失敗した場合 資料

成功した場合 ウォーキングダイエットの理論や自分の体質 体力についての正しい理解が生まれ 体を使った実験でも目に見えた効果が現れる 数値 ( 体脂肪率 体重 ウエストのサイズ等 ) からも実験が成功したことがうかがえ 肥満に近い体から 標準的な健康的な体へ生まれ変わることができる 失敗した場合 資料

☆まとめ☆ 全体として今回研究は成功したと言い切っていいだろう。仮説に記したように、文献や インターネットによる調査もスムーズに進み、実際実験でも充分な結果出すことがで きた。また、この実験期間中、私は9月に行われた体育祭に向けてチアリーディング 練習に励んでいた。以前からチームメンバーやコーチに腹筋弱さ指摘されていた だが、この実験が後半にさしかかったころから、頻繁に「腹筋がしっかりしてきた。」と言 われるようになり、とてもうれしかった。それが今回実験成果表れであるかどう か数値から判断することは難しいが、少なくとも多少影響はあったではないかと思う。 これが今年1年間総合的な学習でこの研究行ってきた中で一番嬉しかった出来事であっ た。
Show more

Read more

Mincle は死細胞由来の内因性リガンドを認識し 炎症応答を誘導することが報告されているが 非感染性炎症における Mincle の意義は全く不明である 最近 肥満の脂肪組織で生じる線維化により 脂肪組織の脂肪蓄積量が制限され 肝臓などの非脂肪組織に脂肪が沈着し ( 異所性脂肪蓄積 ) 全身のインス

Mincle は死細胞由来の内因性リガンドを認識し 炎症応答を誘導することが報告されているが 非感染性炎症における Mincle の意義は全く不明である 最近 肥満の脂肪組織で生じる線維化により 脂肪組織の脂肪蓄積量が制限され 肝臓などの非脂肪組織に脂肪が沈着し ( 異所性脂肪蓄積 ) 全身のインス

肥満では、脂肪細胞とマクロファージ持続的な相互作用による悪循環が形成され、慢性 炎症性変化生じており、全身性インスリン抵抗性や異所性脂肪蓄積が誘導される。肥 満脂肪組織では、細胞死に陥った脂肪細胞炎症促進性 M1 マクロファージが取り囲む特 徴的な組織像である王冠様構造 (crown-like structure : CLS)が認められる。本論文では、結 核菌病原センサーである C 型レクチン(macrophage-inducible C-type lectin : Mincle)が CLS 構成する M1 マクロファージに選択的に発現し、マクロファージ線維化関連遺伝子 誘導、脂肪組織線維芽細胞活性化、間質線維化促進すること明らかとした。 Mincle は肥満に伴う脂肪組織線維化誘導し、肝臓異所性脂肪蓄積やインスリン抵抗性
Show more

Read more

様式 研究成果の概要 本研究においては 脂肪細胞から分泌されるホルモンの受容体の活性化薬から運動模倣薬を開発するという斬新な発想により課題解決に挑戦した (1) アディポネクチン受容体 AdipoR に結合して活性化する内服可能な運動模倣薬を開発することを試みた (2) アディポネクチン

様式 研究成果の概要 本研究においては 脂肪細胞から分泌されるホルモンの受容体の活性化薬から運動模倣薬を開発するという斬新な発想により課題解決に挑戦した (1) アディポネクチン受容体 AdipoR に結合して活性化する内服可能な運動模倣薬を開発することを試みた (2) アディポネクチン

② 本研究成果がライフ・イノベーション推進に寄与する関連性 本研究により、運動不足等によりメタボリックシンドロームや糖尿病、心血管疾患等生活習慣病 が激増している原因が解明され、その原因に基づいて開発する予防法は健康社会実現に資す る画期的な予防法となり、治療法は革新的な運動模倣薬研究開発となり、ライフイノベーション 推進に寄与するという画期的な意義が期待される。日本人あるいはグローバルに全世界にお ける生活習慣病罹患者数多さと今後推定される増加率考慮すると、本研究による成果が 画期的で革新的な予防・治療法ならびに診断法に応用されることにより、ライフイノベーション 推進に寄与する波及効果は極めて高い。
Show more

Read more

要旨 グレープフルーツや夏みかんなどに含まれる柑橘類フラボノイドであるナリンゲニンは高脂血症を改善する効果があり 肝臓においてもコレステロールや中性脂肪の蓄積を抑制すると言われている 脂肪肝は肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態で 動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病の原因となる 脂肪肝

要旨 グレープフルーツや夏みかんなどに含まれる柑橘類フラボノイドであるナリンゲニンは高脂血症を改善する効果があり 肝臓においてもコレステロールや中性脂肪の蓄積を抑制すると言われている 脂肪肝は肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態で 動脈硬化を始めとするさまざまな生活習慣病の原因となる 脂肪肝

Nrf2は高等動物における酸化ストレス適応反応統一的に制御しており、Nrf2活性 化が,様々な疾患予防・治療に有効とされている。 4 ) この Nrf2 が NASH 群に比べて治 療群で増加しているため、酸化ストレスが減少されている。 したがって、ナリンゲニンは脂肪肝で脂肪蓄積抑制、肝機能改善、炎症抑える 効果があると考える。

Read more

内臓脂肪蓄積を伴う血液透析患者の食事摂取及び身体活動状況

内臓脂肪蓄積を伴う血液透析患者の食事摂取及び身体活動状況

性食物繊維が多く含まれているが,非透析者におい て内臓脂肪型肥満では食物繊維摂取が少ないとい う報告がある 24) 。海藻は塩分及びカリウムが多いた め透析患者に対する食品として推奨はされていない が,海藻に含まれる栄養成分と内臓脂肪関連に ついては,更に検討が必要であると考えられる。摂 取栄養素については,ビタミンD摂取量が蓄積群で 有意に高値示した。非透析者における内臓脂肪型 肥満食事内容では,ビタミン,ミネラル,食物繊 維摂取が少なく,相対的に糖質が多いためビタミ ン D 摂取が有意に低値示した 24) と報告されて
Show more

Read more

フォーカスレクチャー 図 1 肥満症診断のフローチャート (2011 年版 )( 文献 2 より引用 ) 健康障害をもたなくても内臓脂肪型肥満であれば 将来のハイリスク肥満として肥満症と診断できる 肥満 肥満 つきやすくなるということを意味している これを応用すると 内臓脂肪 / 皮下脂肪の比率によ

フォーカスレクチャー 図 1 肥満症診断のフローチャート (2011 年版 )( 文献 2 より引用 ) 健康障害をもたなくても内臓脂肪型肥満であれば 将来のハイリスク肥満として肥満症と診断できる 肥満 肥満 つきやすくなるということを意味している これを応用すると 内臓脂肪 / 皮下脂肪の比率によ

 インスリン抵抗性というは、元々はマルチプルリス クファクターシンドロームという概念から出てきたもの である。その後、メタボリックシンドロームという名称 にブラッシュアップされていくが、シンドロームⅩ、死 四重奏、内臓脂肪症候群等がまず、マルチプルリスク ファクターシンドロームとして提唱され、高インスリン 血症・インスリン抵抗性が糖尿病だけでなく、すべて 生活習慣病根底にあるという新しい概念が構築された。  われわれ施設では、空腹時インスリン値規定する 因子について多重解析試みた。体格指数(body mass index;BMI)が最も大きく規定する因子であることが、 データで示されている。すなわち、血糖値も規定因子 1 つではあるが、それよりBMIがはるかに大きな規定因 子という結果が出ている 1) 。
Show more

Read more

抗酸化作用を持つサバペプチドの非アルコール性脂肪肝炎に対する効果と検討

抗酸化作用を持つサバペプチドの非アルコール性脂肪肝炎に対する効果と検討

セレンは生活習慣病や老化予防、メチル水銀毒性軽減に寄与するヒトに必須微量 元素であり、魚類に多く含まれている。そのうち、サバ類など魚介類内臓に高濃度 に含まれているセレン化合物であるセレノネインは非常に強い抗酸化能有することが 報告されている。さらに、魚介類(生サバ)酵素分解した検体には抗酸化ペプチド 存在も示唆されていることから、酸化ストレスがその発症・進展に関与する非アルコー ル性脂肪性肝炎(non-alcoholic steatohepatitis, NASH)発症あるいは進展抑制す る可能性がある。したがって、本研究では、セレノネイン含む酵素分解サバペプチド 上記 NASH 発症モデルラットに与えて、NASH に対する効果検討した。
Show more

Read more

脂肪だけを落とす

脂肪だけを落とす

Q&A Q.早く痩せたいですが、カロリー大幅に削ってはいけないんですか? A.初めからカロリー抑えてしまうと、が省エネモードになってしまい、脂肪が燃焼しにくくなる可能性もあります。また、食欲我慢も必要 となり、ストレスで継続できなくなる可能性もありますので、他方法(応用編テクニックやトレーニング)は取り入れるものはないか?考え、 何もない最終手段くらいに考えていくおすすめします。
Show more

Read more

3あくまでも 体脂肪を蓄える場所 は脂肪細胞です 異所性脂肪は蓄えてはいけないところに貯まってしまう体脂肪です 他に貯まってしまう場所は血液中や血管壁などがありますが本来の 貯蔵場所 ではありません Q. BMIと疾病合併率のグラフ ( データ ) について 1このグラフデータは ある時間において

3あくまでも 体脂肪を蓄える場所 は脂肪細胞です 異所性脂肪は蓄えてはいけないところに貯まってしまう体脂肪です 他に貯まってしまう場所は血液中や血管壁などがありますが本来の 貯蔵場所 ではありません Q. BMIと疾病合併率のグラフ ( データ ) について 1このグラフデータは ある時間において

とはウソです。 Q. 肉割れ線について 肉割れ消す方法はありますか? A. はい、あります…但し年月要します! 筋肉が増えるスピードは遅いのでそれに伴 って皮膚が柔軟に適応しますが、脂肪が増える スピードは皮膚対応が追いつか ないくらいに速い場合があります。 筋肉が増える場合には肉割れはありませんが、 脂肪が増えて肥満になる過程には肉割れが 起こることが多々あります。 逆に急激 に痩せると皮膚対応が間に合わずに皮膚が垂れ下がったりします。 このどちら 場合にも新陳代謝促す(運動や栄養)ことで約 3~7 年で解消します、肉割れ場 合 には完全に消えないこともありますが薄くなります。 エステでマッサージやクリー ム塗るなどと言われていますが、要するに皮膚亀裂修復した 状態が肉割れで すのでそれに伴うメラニン色素沈着もあり、何れにしても短期間では解消出来 ま せん。
Show more

Read more

Elovl6欠損は胆石形成食負荷LDL受容体欠損マウスにおいて脂肪性肝炎を抑制するが、胆石形成を促進する

Elovl6欠損は胆石形成食負荷LDL受容体欠損マウスにおいて脂肪性肝炎を抑制するが、胆石形成を促進する

Scd1 およびトリグリセリド合成関連遺伝子 Gpam , Dgat2 発現が LD 負荷 Elovl6 +/+ Ldlr −/− マウスに比 べて Elovl6 −/− Ldlr −/− マウスで増加した. Elovl6 −/− Ldlr −/− マウスでは,コレステロールエステル化に関わ る Acat2 増加,胆汁酸合成代替経路にかかわる Cyp7b1, Cyp27a1 増加認めた. Elovl6 +/+ Ldlr −/− マウスに比べて Elovl6 −/− Ldlr −/− マウス肝臓では,炎症・酸化ストレス,線維化関連遺伝子発現が減 少した.
Show more

Read more

肝臓迷走神経は非アルコール性脂肪性肝炎においてα7ニコチン性アセチルコリン受容体を介してKupffer細胞の活性化を制御する

肝臓迷走神経は非アルコール性脂肪性肝炎においてα7ニコチン性アセチルコリン受容体を介してKupffer細胞の活性化を制御する

【結果】HV 群マウスは,sham 手術群に比較して,肝臓脂質沈着と炎症 両側面において NASH 増悪きたした.HV 群肝臓において TNFα,IL-12, MCP-1 に代表される炎症性サイトカイン発現が亢進し,PPARα 経路に関連す る脂質代謝制御因子発現低下認めた.同群では Kupffer 細胞における NF-κB リン酸化と核内移行が亢進し,Kupffer 細胞高度な活性化認めた.初代培 養 Kupffer 細 胞 に 対 し て , リ ポ 多 糖 と パ ル ミ チ ン 酸 に よ る 炎 症 誘 発 下 に α7nAChR 作動薬投与すると,NF-κB リン酸化抑制とともに炎症性サイ トカイン発現抑制認めた. α7KO キメラマウスは,対象 WT キメラマウ スに比較して,組織学的に高度に進展した NASH きたした.同マウス Kupffer 細胞は,NF-κB リン酸化亢進伴う活性化増強認めた.その肝臓 では TNFα,IL-12,MCP-1 発現が亢進し,一方で SREBF-1c 発現亢進に代 表される脂質代謝異常増悪認めた.
Show more

Read more

体の成分を4つに分け それぞれを定量的に示しています 5つの部位の体脂肪量数字と棒グラフで表します 18 歳未満では 小児成長曲線を表示します 体重 骨格筋量 脂肪量から 体のバランスをはあくすることができます 体成分の評価を6つの項目に分け 評価します 青字の項目は健康であることを意味します 3

体の成分を4つに分け それぞれを定量的に示しています 5つの部位の体脂肪量数字と棒グラフで表します 18 歳未満では 小児成長曲線を表示します 体重 骨格筋量 脂肪量から 体のバランスをはあくすることができます 体成分の評価を6つの項目に分け 評価します 青字の項目は健康であることを意味します 3

正常な測定であればインピーダンスが上から下に向かって、赤点 線様に各列段々に小さくなります。 測定結果がおかしい時は まずこの欄インピーダンス値確認してください。また、右腕 と左腕値が特別な理由でない限りこの値は近いはずですし、右 脚、左脚も同様です。どれか 1 つが大きくなっていたり、 下数値より上数値が小さい場合は、途中で電極が離れてしま った等が考えられるので再測定してください。
Show more

Read more

Show all 10000 documents...