EFEKTIVITAS TEKNIK DRILL DALAM MENINGKATKAN KETERAMPILAN PELAFALAN BAHASA JEPANG PADA MAHASISWA FBS UNIMA TAHUN 2009/2010.

36 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Teks penuh

(1)

表明... Error! Bookmark not defined.

(2)

第 章基礎的理論... Error! Bookmark not defined. 2.1学習と教授の概念... Error! Bookmark not defined. 2.1.1学習の意味... Error! Bookmark not defined. 2.1.2教授の概念... Error! Bookmark not defined. 2.2 教授 クニックとメソー ... Error! Bookmark not defined. 2.3教授法の種類... Error! Bookmark not defined. 2.4 の クニック... Error! Bookmark not defined. 2.4.1 の概念... Error! Bookmark not defined.

2.4.2 を使用す 教授の 点と利益... Error! Bookmark not defined.

2.5 言語の音声... Error! Bookmark not defined. 2.5.1 日本語の音節... Error! Bookmark not defined. 2.5.2 音声学... Error! Bookmark not defined. 2.5.3 音韻論... Error! Bookmark not defined. 2.6 音... Error! Bookmark not defined. 2.7長音... Error! Bookmark not defined. 2.8アクセン ... Error! Bookmark not defined. 2.9イン ネー ョン... Error! Bookmark not defined.

(3)

3.4 研究の道具... Error! Bookmark not defined. 3.5 ータの 集技法... Error! Bookmark not defined. 3.6 ータ分析と処理... Error! Bookmark not defined. 3.7 研究の段階... Error! Bookmark not defined. 3.8 研究道具の分析... Error! Bookmark not defined.

第四章研究の結果及び解釈... Error! Bookmark not defined. 4.4 研究用具... Error! Bookmark not defined. 4.4 研究結果... Error! Bookmark not defined. 4.3 T の分析の結果 ... Error! Bookmark not defined.

4.3.1 Paired Samples t

test によって、 前 及び 後 の コアの相違分析Error! Bookmark not defined.

4.3.2 Independent Samples t test によ 前 と 後 の結果の相違分析

... Error! Bookmark not defined.

4.3.3 正常化さ たGainの コアに関す ータ記述 (normalized gain)Error!

Bookmark not defined.

4.4アンケー 分析結果... Error! Bookmark not defined.

4.4.1 学生の 結果とアンケー の関 の解釈Error! Bookmark not defined.

(4)

4.5.3 長音 ... Error! Bookmark not defined. 4.5.4 イン ネー ョン... Error! Bookmark not defined. 4.6 解説... Error! Bookmark not defined.

4.6.1

日本語の発音に関す 学習者の能力を増殖す ことに対す 技法の有 効性 ... Error! Bookmark not defined.

4.6.2 学生の 応... Error! Bookmark not defined.

第五章結論と提案... Error! Bookmark not defined. 5.1 結論... Error! Bookmark not defined. 5.2 提案... Error! Bookmark not defined.

(5)
(6)

外国語 学習者 既 第1言語や第2言語 音声 習得 べ あ

Weinreich (1953:1) 干渉(interferensi)

移転(transfer) 言語話者 一 以上 言語 使用 習得 あ 言

語 指示 木 (Dahidi,

1988:89) 外国語 学習者 言語誤用 原因 一般的 言語規則 関

理解 発話 応用 あ 中 母語 影響 誤用 発生 可能

性 あ 学習者 習得 言語 学習 言語 勝

手 突 入 多 外国語学習 問題 対

対策方法 考え い

上 記述 国立大学 日本語 学習 学習者 見 当大

学 学習 者 ン ホン サン ワ 出身 様々

文 育 文 持 い ュ ョン

特 日本語 ュ ョン 母語 影響 発話 多い

日本語 学習 1年生 学習者 日本語 長時間学習

学習者 間 発話 い 発音 関 誤用 多い 例え

いう言葉 あ 言い 第2 音節 長 発音 多い

う 誤用 第2 音節 長 発音 母語 育 者 因 あ

最後 音節 発音 語 高 発音 通常 発音

う 多い 例え 雨 いう語 関 最初 音節 音 高 発音

(7)

学習者 多い う 先行研究 明確 研究 結果 生

深い研究 実施 い

イン ア語や 民族語 日本語 異 意味 い

明確 ア ン 持 い 学習者 日本語 発音 注意 意識

持 学習 続 民族語 発音 学習者 日本語 発音 影響

え 日本語 発音 誤用 ュ ョン 障害 及 う 問

題 対 あ 対策方法 考え 言語 誤用 避

外国語 生 ュ ョン 発話 母語 影響 見

母語 自然 習得 最初 言語 あ 次 習得 言語 学習者

発音 影響 強 え 第2言語や 習得 言語 母語 次第

習得 ュ ョン 成立 い 母語 影響 第2言語

発音 発生 誤用 一 例 あ

Palmer (1877-1949) oral method

口語方式 いう ッ 言語 書 話 あ

五 言語慣習 一 言語音声 聞 繰 返 方法 あ 言語音声 発

話 聞 学習者 聞い 繰 返 言い 方法 オ製 い 区別

上 意味 あ 様々 言語音声 覚え

上述 様々 言語 発音 学習 諸問題 日本語学習者

特 国立大学 日本語学習者 言語誤用 減少 効果 あ 方法

考え 関 研究 い 応え 国立大学 日本語学習者 日

(8)

前期 実施 Runtuwarouw

(2003) 研究 提唱 今後 研究 注意 べ 通 日本語 発音 関

学習 前期 実施 べ あ 今後誤用 い う 実施

1.2 研究問題研究問題研究問題研究問題

1. ッ 前後 学習者 日本語 発音能力 明確

2. ッ 前後 学習者 日本語 発音能力 要 差 あ

3. ッ 日本語 発音 関 能力 上 効果的 あ

4. 技法 前 後 学習者 発話 パ ン 形

5. 日本語 発音 関 能力 上 ッ 使用 対

学習者 応答 う

1.3 研究研究研究研究 制限制限制限制限

本研究 日本語 いう教科書 最初教 基 い

ッ 学習者 日本語 発音 能力 明 本研究 い 長音

(9)
(10)

1.6 研究用語研究用語研究用語研究用語 定義定義定義定義

1. 効果性

効果性 いう 影響 結果 印象 有効 有効力 見 い

う あ いわゆ 効果性 いう 提唱 結果 目標 適 いう

関 表 目標 成 い いう結果 次第 効果性 決

2. ッ

ッ いう あ 教 学習者 難度 繰 返 教え 活

動 あ 活動 目的 学習者 特定 能力 習得 う 実施

(Hatimah,

2003:67) 本研究 い 次 3種類 ッ 採用 研究

(1) 繰 返 (Repetition Drill)

繰 返 いう 学習者 教師 言 繰 返 言う

(2) 代用 Substitution Drill

代用 教師 あ 文 発言 学習者 文 言葉

代え 代用 目的 実践的 学習者 文 代用 部 適

当 言葉 入 う 採用

(3) 質疑応答 (Question and answer drill)

質疑応答 いう 学習者 い 質問 練習

(11)

3. 発音 いう 数人 言語話者 言語 音声記号 発言 方法 あ (Kridalak

sana,

2008:139) 発音 言語音声記号 発言 方法 いう 指示

4. 日本語 発音

日本語 言語音声記号 発言 方法 発音 呼 一方

ュ ョン 使用 言語音声 発話 関 学問 音声学 呼

音声学 調音器官 わ 発言 言語音声 生 意味 あ 言語

記号 相手 伝え 学習 母音 子音 ア ン イン ョン

関 学習 音韻論 言語学 一 あ 言語音声 機能

的 学習 学問 あ 音韻論 音素 ア ン イン ョン い

う 研究 学問 あ ( :

1998).音声学及び音韻論 手 い う 関 持 い

1.7 仮説仮説仮説仮説

仮説 いう言葉 ア語 Hupo (一時的)

及び thesis (確言 理論) いう語句 来 言葉 あ Buchari (2008; 35)

仮説 研究 一時的 結果 あ 科学的 検査 必要 あ

Sukardi (2008;42) 仮説 置 見 次 う

(12)

仮説 研究課題 対 一時的 答え 提供 仮説 統計的 検査

b. 統計的仮説

う 仮説 研究者 検査 以上 変数 あ 仮説 次 四

1. 仮設

(Ho) 仮説 検査 各変数 相 点 見 い 一 変

数 変数 全 無関 あ 指示

2. 研究仮説

(Hr) 研究仮説 研究 理論 基 い 研究者 考え方やアイ ア 表 仮

設 あ

3. 交互仮説(Ha) 交互仮説 先行研究 理論 基 い 研究 問題 一

時的 答え 使用 仮説 実 支持 い

4. 方向仮説 方向仮説

確実 方向 導 確実 方向 導 仮説 あ

本研究 採用 仮説 交互仮説 あ 本研究 関 次 通 あ

Ha :

ッ 日本語 学習者 日本語 発音能力 上 効果

(13)

1.8研究法研究法研究法研究法

本研究 採用 研究法 実験研究法 あ 研究対象 対 ッ

教具 アプ 教授法 効果性 検査 実施 研究 結果 確実 学習

活動 応用 う 選択 本研究 日本語 発音能力 上

ッ 効果 明確 行わ

本研究 議 実験 Quasi

experiment) いう形 実験 プ 統制 プ いう2 サンプ

プ 実施 Ruseffendi (2005)

実験的研究法 一 変数 変数 因果関 確実 明確

採用 統制 プ ッ 学習 学習者 あ 統制

プ 解説的 ッ expository

Method 学習 学習者 ぷ あ

1.9 研究研究研究研究 対象対象 及びサンプ対象対象及びサンプ及びサンプ及びサンプ

ピュ ョン 研究者 決定 い 特徴 満 研究 地域

存在 研究対象 あ 研究対象 研究者 研究作業 実施 最後

引 (Sugiyono, 2006: 89; Schumacher&Mc Milan, 2001:

169) サンプ いう 特定 特徴 研究 ピュ ョン

一部 あ (Sugiyono,2006:90).

本研究 対象 国立大学文学芸術学部日本語教育学科 学習者 全員 あ

(14)

法 確率的試料採 法(probability

sampling) あ 対象 対 サンプ 選択 同 機会 提供 本研究

サンプ 国立大学文学芸術学部日本語教育学科 1年生 後期 決

定 サンプ 実験 プ 統制 プ いう2

1.10 研究研究研究研究 用具用具用具用具

研究用具 制式的 研究 必要 集 使用 本研究

使用 研究用具 次 通 あ

1.

1) 前 研究 扱い 作業 前 学習者 発音能力 測 実施

日本語Ⅰ 最初教 基 い 学習者 発音 10文

構造 学習者 正 発音 2点 あ 正 発音 い場合 0点

2) 後 研究 扱い 作業 後 学習者 発音能力 測 実施

前 同様 日本語Ⅰ 最初教 基 い

学習者 発音 10文 構造 前 結果 後 結果

日本語母語話者 ッ 学習者 正 発音 2点 あ 正

発音 い場合 0点 あ

3) アン 研究対象 確認 使用 上 ッ 関 学

(15)
(16)
(17)
(18)

本研究 対象 マ 国立大学言語技術学部日本語教育学科 すべ 学生

あ そ 対象 ン を わ あ 無作 抽出法 確率抽出法

を使用す いう 対象 属す 学生 ン チ ン を

持 本研究 ン マ 国立大学言語技術学部日本語教育学科 2学期 あ

ン 一 集 そし 実験 統制 分

3.3 研究研究研究研究 変数変数変数変数

本研究 変数 独立変数 従属変数 あ 独立変数 発音 教授 あ

従属変数 発音 能力 あ

3.4 研究研究研究研究 用用具用用具具具

研究 道具 いう 問題を調査す チ ッ す タを集 いう

目標 あ ゆ 道具 あ 又 仮説 検定や問題を解決す そう

いう目標 組織的 客観的 タを表示し 分析し 処理す いう

本研究 使用 道具 次 う あ

a)

本研究 前 後 いう を行う 学生 発話を録

(19)

0 あ 前 待遇を え 前 学生 能力を知 あ 後

待遇を え 後 要す 方法を え 後 学生 能力を知 あ

b) ン

ン 主体を確認す 使用 そ 被験者 母語

使用 拡大を知 う そ 方法 使用 対す 応を知 あ

そ 応 方法 学習 結果 う 関係を表す を分 う

タ 集 従 ン 評価 数 規模 表す ン

解答選択 あ 被験者 そ 一 を選ぶ し し 試験者 自分 意

見欄 あ 以 解答 数評価を述べ

1) 解答 1

2) 解答 2

3) 解答 3

4) 自分 意見を書い 0

3.5 タタタタ 集技法集技法集技法集技法

タ 集技法 タを使用す タ 実験者自身 集

タ あ 最初 研究 道具 載 い 文型問題を

発音す そ 方法を使用し 発音 授業をす 管制用

(20)

前 後 結果 タを そ 実験 学生 統制

学生 発話録音 あ

3.6 タ分析タ分析タ分析タ分析 処理処理処理処理

a. タ処理

決定 カ タを分 分類す 分類 前

後 ン タを分 録音し 学生 発音をネ 聞 あ

そうし ネ ン を う 基 い 前

後 数を付

各 数を付 平均値を計算す 次 各

結果 後 結果を比較す 最後 実験 後 結果 統制

後 結果を比較す

方法 学生 日本語 発音を向 す 効果的 いう仮説を検証す

処理し タを分析す そ 実験 平均値 統制 平均値

高い う を検定す そ Software Statistical Package For Social Sciences

(SPSS) for windows version

17.0を使用す そ 統制 前 後 平均値 実験

用 前 後 平均値 Paired Sample t test Independent

Sampel t

test いう差異 検定分析をす 統制 実験 教授前後

(21)

b. タ分析

本研究 タ 統制 実験 前 後

学生 数 あ 以 タ分析 手 あ

1. 統制 実験 前 後 標準偏差 平均

値を計算す

2. タ正常化 検査 対比 検査をす 前 パ タ 的 ッ t

test あ い 非パ タ的 ッ wilcoxon mann whitney

test を使用す を決定す 前 タ 正常化 関す 検査をす 必要

あ タ 正常化を検査す SPSS 17.0 いうソ Kolomogorov Smirnov 検査をす

実験 及び統制 前 及び 後 正常化

タ 検査 結果 基 い タ 通常 支配し いう 明

確 そ 関す タ 添付 参照

3. 検定 検定を使用す 標準偏差

dk=(n-1) (n= 数 数) 自由程度 あ そ hitung tabel

α dk1, dk2 比較す α 有意性 dk1, dk2 自由程度 あ hitung tabel

(22)
(23)

Mann-3.7 研究研究研究研究 段階段階段階段階

研究 段階 準備 実行 あ 基本的 本研究 段階 以 う あ

1. 準備

教材を作成し 研究 道具を立 教材 作成 目

教授法 注目す

2. 実行

教授法を実行す 以 段階 行う を述べ

a. 前 を行う 方法を え 前 発音能力を知 あ

b. 実験 方法を使用し 授業をす し し 比較 し 統制

ン ン ョ 方法を使用し 授業をす

c. タを補充す 被験者 ン を配

d. 後 を行う 方法を使用す 授業を 後 学生

発音能力 進度を知 あ

e. タを処理し 分析す

f. 決定 仮説 基 い 研究 解釈 結論を書

3.8 研究道具研究道具研究道具研究道具 分析分析分析分析

タ 集 良い 必要 あ 良い 良い難度 差異指数

(24)
(25)
(26)

計量器 妥当性を試 すべ 計量器 部分 相関関係値を計 そ

各問い 合計 数 合計 数 各問い計量器 相関関係を作 あ

Pearson Product Moment 公式を使用す

hitung=相関係数

i=問い 合計 数 ∑ Y

i =すべ 問い 合計 数

=被験者 数

そ 妥当性 次 解釈す

表 表表

3.5問い問い問い問い 妥当性妥当性妥当性妥当性 カカカカ

範 カ

r<0,20 す 低い

0,20≤r<0,40 低い

0,40≤r<0,60 中

0,60≤r<0,80 高い

r≥0,80 す 高い

hitung>rtabel Product Moment表 あ α=5 自由程度 d = -2=

(27)
(28)

信頼性 試 結果 0,693を表す 研究道具 信頼性 あ 言え そ 研究す 問題 す 高い信頼性を持 い いう あ

本研究 タ 処理や研究道具 試 や タ分析 妥当性 信頼性を

(29)
(30)

7. う う ン ネーション 意味 区分 文 区別

う 正 い ン ネーション 発 迷 い 学生 多い

8. 学生 促音 発 困 い 言え ほ 学生 正 発音

ンケー ータ 基 い マ 国立大学言語技術学部日本語教育学科2学

期 学生 様々 民族 民族 来 地域言語 使用 う

一般的 マ 来 学生 子供 家族 友 周 人 M

elayu-Manado語 使用 家族や同 民族 友 や周 人 ン ネシ

語 使用 学生 い 特定民族 来 学生 あ 母語 渉

学生 発話 う いう 当 前 あ

学生 ク ック 使用 発音 指 新 い あ コン

ベンショ 法 正 い発音 習慣形成方法 学生 日本語 発音 知

発音 紹介 方法 あ 初級日本語 勉強 発音

指 あ う いう実験者 質問 対 多 学生 賛成 い いう

分 正 い日本語発音 聴 慣 う 正 日本語

(31)

5.2 提案提案提案提案

本研究 結果 基 い ク ック 2009/2010日本語教育学科2学期 学

生 能力 向 効果的 言え 以 う 幾

焦点 必要 あ

1. 日本語講師 日本語 いう日本語 本 授業 入 発音 指

観察 必要 あ 思わ 学生 母語 学ぶ う 最初

正 い発音 身 付 う

初級 正 指 次 ベ 学生 間 い 効果的

訂正 難 い

2. 日本語講師 クセン 長音 短音 促音 ン ネーション 発

学生 困難や弱点 観察 良い 思わ 学生 発音 誤

い う

学生 正 い発音 う発音 講師 訂正

良い 思わ

3. 学生 ネ ブ 録音 発音 練習 良い 思わ 何回 繰 返 練

習 録音 比較 自分 発音 評価 訂正

4. 日本語 発音 理解 ネ ブ い 必要 あ

5. ク ック 楽 い う 指 メ

必要

6. 練習方法 法 あ べ ク ック 正 い日本語 発音 慣

(32)

方法 他 授業 適用 同 ク ック又 異 ク ッ

(33)

参考文献

参考文献

参考文献

参考文献

Arikunto, Suharsimi. 2002. Prosedur Penelitian Suatu Pendekatan Praktek. Jakarta: Rineka Cipta.

Freeman, Larsen, Diane. 2000. Technique and Principle in Language Teaching. Oxford University Press

Danasasmita. 2009. Metodologi Pembelajaran Bahasa Jepang. Bandung: Risqi. Danasasmita dan Sutedi. 1994. Materi Perkuliahan Strategi Belajar Mengajar.

Bandung.

Danasasmita. 2008. Artikel: Kajian Kebahasaan Pada Program Magister Bahasa Jepang SPS UPI Bandung (Suatu Meta Analisis). Bandung.

Departemen Pendidikan dan Kebudayaan. 1991. Kamus Besar Bahasa Indonesia. Jakarta: Balai Pustaka.

Djajasudarma Fatimah. 1993. Metode Linguistik. PT Eresco. Bandung. Habayashi. 1998. Yoku Wakaru Kyoujuhou.

Hatimah, Ihat. 2003. Strategi dan Metode Pembelajaran. Bandung: CV Andira Kimura Muneo. 1988. Kyoujuhou Nyumon. Tokyo: Bojinsha.

Kridalaksana. 2008. Kamus Linguistik. Jakarta: Gramedia.

(34)

Kashima, Tanomu. 1997. Onsei dalam Nihongo Kyoushi Yousei Shiriizu Onsei, Hyouki, Goi, Moji-Hyouki, Tokyo: Touhou.

Mackey. 1986. Analisis Bahasa Untuk Pengajaran Bahasa. Surabaya : PN Usaha Nasional.

Mahsun. 2005. Metode Penelitian Bahasa. PT Raya Grafindo Persada. Jakarta. N.K Roestiyah. 2001. Strategi Belajar Mengajar. Jakarta: Rineka Cipta. Pasaribu, Simandjuntak. 1986. Didaktik dan Metodik. Bandung: Tarsito. Pateda, Mansoer. 1988. Linguistik (Sebuah Pengantar). Bandung: Angkasa Pranowo. 1996. Analisis Pengajaran Bahasa. Gadjah Mada University Press.

Runtuwarouw. 2003. Tesis: Studi Penyimpangan Aksen Kosakata Dasar Bahasa Jepang Pada Pembelajar Pemula. Bandung.

Roestiyah NK. 1985. Strategi Belajar Mengajar. Jakarta: Bina Aksara. Samsuri. 1994. Analisis Bahasa. Jakarta : Erlangga.

Slamento. 2003. Belajar dan Faktor-Faktor yang Mempengaruhinya. Jakarta: Rineka Cipta

Surakhmad Winarno. 1982. Pengantar Interaksi Belajar Mengajar. Bandung : Tarsito.

Sumardi, Muljanto. 1974. Pengajaran Bahasa Asing Sebuah Tinjauan Dari Segi Metodologi. Jakarta: Bulan Bintang.

(35)

Sutedi. 2009. Bahan Kuliah Pengantar Penelitian Bahasa Jepang. Bandung. Sudjianto dan Dahidi Ahmad. 2003. Pengantar Linguistik. Bandung: Kesaint Blank. Sugiyono. 2008. Metode Penelitian Kuantitatif Kualitatif. Bandung: Cv. Alvabeta. Sudjana, Nana. 2004. Dasar-dasar Proses Belajar Mengajar. Bandung: PT Sinar

Baru Aglesindo.

Sudjana, Nana. 1991. Penilaian Hasil Proses Belajar Mengajar. Bandung: Rosdakarya.

Shiang Thian Tjhin. 2008. Pendengaran dan Pemahaman Bahasa Jepang Metode Gakushudo. Gakushudo.

Tarigan. 1987. Teknik Pengajaran Keterampilan Berbahasa. Bandung: Angkasa. Tarigan, Henry Guntur. 1993. Prinsip-Prinsip Dasar Metode Riset Pengajaran dan

Pembelajaran Bahasa. Bandung: Angkasa

Tanaka, Shinichi. 1999. Nihongo no Hatsuon Kyoushitsu. Tokyo: Kuroshio Shuppan Team Kurikulum Didaktik Metodik Kurikulum IKIP Surabaya. 1981. Pengantar

Didaktik Metodik Kurikulum PBM. Surabaya: IKIP

Universitas Pendidikan Indonesia. 2008. Pedoman Penulisan Karya Ilmiah. Bandung: University Press UPI

Verhaar. 2001. Asas-Asas linguistik Umum. Yogyakarta: Gadjah Mada Univesity Press

(36)

Figur

Memperbarui...

Referensi

Memperbarui...